生活の基盤となる分譲住宅はじっくり検討しよう

  1. ホーム
  2. 健やかに暮らす

健やかに暮らす

模型

自然素材に注目

家に入ると頭痛やめまい、鼻や喉の痛みなど不快感を訴えるケースが増加しています。こうした症状を引き起こすのが、建材や内装材、塗料に含まれる有害化学物質です。枚方で一戸建てを建てる際には、薬剤を極力使わずに済む自然素材の良さが見直されています。現代、枚方の一戸建て住宅には様々な化学物質が多様されていますが、その代表例は、合板や壁紙の接着剤、塗料に含まれているホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物です。これらは一戸建ての換気が充分でないと室内に長く留まり続け、そこで暮らす人たちの体調を崩す、いわゆるシックハウス症候群を引き起こしてしまいます。家族全員が健やかに暮らせる一戸建てを造るには、通風、換気の工夫と共に、できるだけ化学物質量の少ない建材や内装材を選ぶことが大切なポイントになります。そこで近年枚方でも見直されているのが、化学物質を含まない木や土、紙など吸放湿性に優れた自然素材です。壁や天井のクロスには、枚方の伝統的な和紙や月桃紙(ショウガ科の多年草)、ケナフ(アオイ科ハイビスカス属)など植物を原料とした製品が多彩に登場してきました。壁には消石灰などを使った自然素材の漆喰や、和洋どちらにもマッチする珪藻土が人気を集めています。珪藻土は植物性プランクトンの化石からできた土で、吸放湿性、消臭性が高いのが特徴です。接着剤もふのりやでんぷん粉といった安心できる自然素材があらためて注目されています。